手軽にパッと使えてロスなし

 

LIKE CHICKEN!?は湯戻し不要な大豆ミート

自然解凍の他に電子レンジでの解凍もできるので、時間がない時も手軽に使えます。
また、バラ凍結のためその日の料理に合わせて使いたい量だけ取り出して加熱調理し、無理なく、無駄なく使いきれます。

※本製品は加熱調理品です。解凍後に必ず加熱調理してからお召し上がりください。

からだとこころに安心安全

地球にやさしいからこそ、こころから「おいしい」。
LIKE CHICKEN!?は、大豆たんぱくでできた、サステナブルな新しいお肉です

◎動物性原料 不使用(ヴィーガン対応)
◎高たんぱく
◎コレステロールフリー
◎グルテンフリー
◎ 遺伝子組み換え作物 不使用(NON-GMO)
◎シンプルな原材料
◎着色料・保存料 不使用
◎五葷 不使用

 

原材料:大豆たんぱく濃縮物(大豆を含む:遺伝子組み換えでない)、食用ひまわり油、食塩、香辛料(パプリカパウダー、ホワイトペッパー、ショウガ、ナツメグ、メース、カルダモン)/香料
*香料も含めて、動物性の原材料は一切使っていません

今注目のプラントベースミート
地球・環境にやさしい

植物性のお肉なら、動物性のお肉と比べて水資源ベースで約4.1倍、穀物資源ベースで約7.3倍も効率がよく、より少ない資源でより多くの人がたんぱく質を摂取できます。(出典:環境省 バーチャルウォーターより計算 「お肉」牛、豚、鶏100gずつに対し、大豆300gの育成に必要な水の量を計算した)
さらに、日本のみんなが週1回お肉を植物性に置き換えるだけで、年間で自動車約36万台分に匹敵する温室効果ガス削減効果が見込まれます。(自交総連 燃料種別によるCO2排出量の計算について 宇都宮大学、農業・食品産業技術総合研究機構データより計算 「お肉」の対象は牛・豚・鶏とする)

環境省 バーチャルウォーターより計算
「お肉」牛、豚、鶏100gずつに対し、大豆300gの育成に必要な水の量を計算した

農林水産省 我が国の食料自給率-平成15年度食料自給率レポートより計算
「お肉」牛、豚、鶏100gずつに対し、大豆300gの育成に必要な水の量を計算した

自交総連 燃料種別によるCO2排出量の計算について
宇都宮大学、農業・食品産業技術総合研究機構データより計算
「お肉」の対象は牛・豚・鶏とする

ヘルシーなバランス食材

日々不足するたんぱく質、食物繊維がうれしい
お肉とくらべて、カロリーや脂質はしっかりカット

毎日食べても飽きない。そのヒミツは栄養バランスにも。

うれしいポイント
〇日々の食生活で不足してしまうたんぱく質、食物繊維がたっぷり
〇ついつい摂りすぎてしまうカロリーや脂質はしっかりカット※
〇からだに安心のコレステロールフリー
※お肉に比べて

栄養成分(100gあたり)
熱量:118kcal
たんぱく質:20.0g
脂質:2.5g
コレステロール:0g
炭水化物:6.8g (糖質:1.2g 食物繊維:5.6g)
食塩相当量:1.6g

もしも、塩唐揚げをLIKE CHICKEN!?塩唐揚げにおきかえたら

LIKE CHICKEN!?塩唐揚げのレシピはこちら

 

※このグラフは、それぞれのメニュー全体としての栄養比較です。
LIKE CHICKEN!?なら、揚げ物にしても脂質・コレステロールを抑えられる。食物繊維もUP。
健康を気づかうすべての方々に寄りそう、新しい選択肢
食べ盛りのお子さんも大満足